DORA麻雀のデメリットとは

DORA麻雀は海外で運営され海外のゲーミングライセンスを取得しています。
オンラインカジノ同様に海外のオンラインゲーミングという扱いになっています。
このため日本では法律で禁止されている賭け麻雀でもプレーすることが可能とサイトで明記されています。
しかし合法国にあるサーバーにオンラインで参加しているので、日本の法律ではなく海外の法律が適用されるので違法性はないと言う者、
賭け事を行っているユーザーは日本に居るのだから、海外の法律ではなく日本の法律が適用されるので違法性はあると言う者と、
違法性があるのか無いのか、人によって見方が分かれています。
一応取り締まりも行っていないので安心してプレーすることが可能ではありますが、将来法律が整備されて取り締まりが行われる可能性はあります。
さらに海外で運営されているだけに入出金方法が分かり難いです。
クレジットカードやNETELLER、i-BANQ、U kash、paysafe card、entropay、Skrillなどいろいろな入出金方法があります。
クレジットカードはオンラインカジノ同様に拒否される可能性が高いので、NETELLERに口座開設されておくと良いです。
さらに用事が出来て途中でどうしても退席する必要が出来た時は、ツモ切り状態になるのでまず負けてしまいます。
負けてしまっても保留額を上回る負け分は発生しませんが、相手に失礼にあたるのでしっかりと時間を確保できる時だけ参加することが大切です。
そしてお金を賭けている関係上、麻雀の腕に覚えのあるユーザーばかりが参加しているので、初心者が勝利するには厳しいことがあります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ